オメガ3脂肪酸で悪玉(LDL)コレステロール対策

悪玉コレステロールが高い原因って何?

コレストロールには二種類ありますが、悪玉コレステロールに悩まされている人にとって、コレステロール値が高いというのは頭の痛い問題ですよね。では、悪玉コレステロールが高い原因は何なのでしょうか。原因は一つというわけではありませんが、多くは食生活に原因があると言っても過言ではありません。食べている物にかかわらず、バランスの悪い食生活を続けることでも悪玉コレステロールが増えてしまいます。また、運動不足の方がコレステロールの多い食品ばかりを摂取していると、それだけでも悪玉コレステロールが上昇しやすいと言えます。コレステロールの多い食品は、油脂の多い食品です。例えば、チーズやバター、マーガリン、または卵や肉類などもそれに含まれます。これらの食品を完全に断つ必要はありませんし、無理なことかと思いますが、やはり食事は野菜や豆類なども含めてバランス良く摂ることが大切です。また、現代人は運動不足な方が非常に多いですが、意識してウォーキングやストレッチなどを少しずつでも良いので、出来る限り毎日していくことが大切です。体がしんどくなるほどすると、すぐに三日坊主になってしまいますので、歩く距離を増やしたり万歩計をつけたりすると徐々に改善が見込まれるはずです。

動脈硬化の原因は悪玉コレステロール?

「健康の為に悪玉コレステロールは減らしましょう」と聞いたことがあるかもしれません。血液中の悪玉コレステロールの量が過剰になってしまうことで血液の中で行き場を失ってしまい、血管壁に沈着すると血管がもろくなり、しなやかさを失ってしまう動脈硬化を引き起こす原因となってしまう可能性があります。動脈硬化が起こると血栓が生じやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こすきっかけになってしまいます。そのため「悪玉」という名前がついているのです。
「悪玉コレステロールをなくしてしまえば良い」と思う人もいるかもしれませんが、本来、悪玉コレステロールは人間が生きていくうえで必要なもので、細胞膜やホルモンを作るために必要なコレステロールを血液の流れに乗って身体の各所に届ける役割をはたしています。細胞膜は免疫機能に関与しているので、不足してしまうと感染症などにかかりやすくなってしまったり、ホルモンが不足して心身に不調が出てきてしまう可能性があります。減らしすぎても不足しても人間の健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、重要なのは多すぎる少なすぎない悪玉コレステロール値を保つようにすることです。

オメガ3脂肪酸の性質と体内での役割

オメガ3脂肪酸というのは、背の青い魚に多く含まれているDHAやEPA、そしてエゴマや亜麻種子などの植物種子に多く含まれるαリノレン酸などの脂肪酸の総称です。
健康のために意識して摂るべき、体内では合成できない必須脂肪酸の1種です。
脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、不飽和脂肪酸にはオリーブ油に多く含まれるオレイン酸とオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があります。
人間にとって、大切なことはオメガ3脂肪酸とお目が6脂肪酸を摂取する比率で大体1:4が良いとされています。
しかし、現在の洋風の食生活では、極端な場合、1:20くらいの人もいると言われておます。
オメガ3脂肪酸を摂取すると中性脂肪を下げ、悪玉コレステロールを下げ、体内の科体脂肪を溶かして排出し、メタボリックシンドロームを予防し、高脂血症を予防し、脂肪肝を予防し、
動脈硬化や心筋梗塞を予防し、関節炎の痛みを緩和したり、脳機能を活性化させたり、記憶力屋学習効果を高める作用もあります。
後、皮膚のしわやたるみを予防するアンチエイジング効果もあり、うつ症状の抑制効果とかアレルギー抑制効果もあると言われています。
オメガ3脂肪酸をとるには、イワシや鯖などの背の青い魚、クルミや緑黄色野菜、亜麻仁油、エゴマ油、シソ油、豆類がいいとの事ですが、食事からは十分取りづらいのでサプリメントを利用するのも一つの方法です。