DHAを多く含む食品とその効果

DHAとはドコサヘキサエン酸の略で、不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸は、同じ炭素数で構成される飽和脂肪酸よりも低い融点をもっており、脂肪酸の中の不飽和結合が多いほどその傾向は顕著となります。低い温度でも固まらない不飽和脂肪酸の性質は、魚など低温で生息する変温動物にとって有用な役割を果たしています。この不飽和脂肪酸の中でも、魚(魚油)にとくに多く含まれているのがDHAです。伝統的な食生活において魚類を多く食べていた日本人はDHAを充分に摂取していましたが、最近では食生活の変化により摂取量は減少しています。
DHAには、血液をサラサラにしたり、動脈硬化の原因となるコレステロールや中性脂肪を減らしたりする効果があります。これは、DHAを摂取することによって、肝臓で中性脂肪がつくられにくくなったり、血中のコレステロールが組織に吸収されやすくなったりすることによるものです。また、アレルギーを促進する酵素を抑制するはたらきや、血流をよくして充分な酸素と栄養を脳にはこぶことによって、アレルギー、アルツハイマー病、脳血管性認知症といった症状の改善にも効果が期待されています。DHAは魚の脂に含まれる成分のため、魚類の中でも脂の多い魚であるサバ、イワシなどの青魚に多く含まれています。また、DHAを積極的に摂取するためのサプリメントも発売されています。